私が体験した海外旅行でのトラブル。【海外旅行保険の重要性】

旅行に行く際、海外旅行保険に加入してますか?

 

旅行期間内のトラブルに備えて加入する任意保険。最近ではツアー予約の際に加入しているかの確認があるほど重要なものになってるよね。

旅先の場所、期間、補償内容によって各保険会社で、値段が変わるけどバリ島1週間の旅行で2000円~4000円くらいかな。

私は保険料も「旅費」の1つとして計算するよ。

たかが1週間の旅行になんで、保険が必要なのか。頑張って節約して旅行してるのにもったいない出費だよね。

でも、絶対加入するべき!!断言します!!もったいない、と思いながらも私も毎回加入していました。(一番安いやつね)

実際に保険金請求をしました その1

 

できれば起こらない方がいいトラブル。保険を使う事もなく帰国できることが一番いいんだけどトラブルはいつ起きるかわからない。

私の場合起きるというより、起こしてしまった(笑)←笑えない。

 

友人たちと行ったセブ島旅行。マクタン島のビーチでマリンスポーツを楽しんでたの。

乗り物大好きゆうちゃんは、ジェットスキーに乗って調子に乗りました。後ろにくりちゃんを乗せて暴走していたら、目の前に友人の乗ったもう1台のジェットが!

ドカーン!!!!!

宙を舞う私たち~。

で、友人側のジェットスキーに傷を付けてしまったんです・・・(もちろんレンタル)

吹っ飛ばされたけど運よくみんな怪我はなし!!!よかったー・・・。

ビーチに戻るなり、運営会社の人と示談交渉が始まって、すぐに支払うならと5万円で解決してくれるというので領収書を貰って、テンション激落ちのまま一旦ホテルへ。

 

みんなに慰められて、気が抜けると・・・

なんだか息をするのが痛くなってきました(笑)

明らかに肋骨が痛い。何だか嫌な予感がするなぁ…。でも明日もシュノーケルするぞ…。

5万円支払った心の痛みなのか、肋骨の痛みなのか、ロキソニンでごまかしながらなんとかセブ島で残りの旅行を楽しんで帰国しました。

水圧で圧迫されてめちゃくちゃ痛かったー(笑)

 

どんどん痛みが強くなる肋骨。でも世間はお正月。元旦です。救急でレントゲンとか撮ったら高そうだよな~…。混んでるだろうし…。

あ、そうだ。とりあえずクレジットカードに付いてる海外旅行保険があるから相談してみよう!と思い、専用ダイヤルに電話を掛けました。

すると、救急外来の受診料、お薬、病院へ行くための交通費等すべて支払われるというのですぐに病院に向かいました。

肋骨をやられていました(*’▽’)v

その際に、壊してしまったジェットスキーのお話をすると、「賠償責任保険が使えるかもしれません。」とのこと。

その時くりちゃんが旅費を支払ったクレジットカードがこれ。デルタスカイマイルゴールドカード。さっそく別の窓口に電話をしてみると!!!

賠償責任保険ってやつで示談交渉で支払った5万円が返ってくる!!!!!領収書を貰ってて良かったー。

結果、交通費、初診料、レントゲン代、お薬(湿布・飲み薬)ジェットスキーの5万円が支払われました!

(このカードで旅費を支払った場合、家族の分も補償されるから、今回私の治療費が支払われたよ)

 

結婚前までは、毎回任意保険に加入してたの。お金を払って。

今はくりちゃんの持ってるクレジットカードで配偶者も補償される保険がついているので、旅行のたんび2人分の保険料を支払う必要がなくなりました。

1年に何回も海外旅行に行く私たちにはかなりの節約!!!!

 

実際に保険金請求をしました その2

毎年バリに行くんだけど、毎年必ずお腹を壊すの(笑)バリ腹です。

理由は大体わかっていて、辛い物の食べすぎと、お祈りで使う聖水を口に含むからかと(笑)

バリから帰国すると二人ともそのまま病院に直行です。だいたい元旦ね(笑)

細菌性胃腸炎ってやつ。抗生物質飲まないと治らないやつ。とにかくお腹ピーピーでトイレの取り合い。おせち料理どころではない。

昨年はくりちゃんのお腹の治りが悪くて、別の病気が疑われて、胃カメラと直腸カメラまでやってたよ。

もちろんその費用も保険で支払われました。自費だったら結構高いよね・・・。

多分あれは赤痢だったんじゃないかって思う。

 

実際に保険金請求をしました その3

旅行中の怪我や病気も怖いけど、もう1つ猛烈に困ること。荷物の盗難です。日本ですら耳にするよね…ひったくり

海外では本当に多くて。日本みたいに、レストランの座席にカバンを置きっぱなしでトイレに行く、そんなバカな事しないでねー!!

テーブルの上にiPhoneを置いて食事している最中に取られちゃう人もいるみたいだから。

 

で、私は歩いている時に後ろから来たバイクの2人組にバッグを盗まれてしまったの。一瞬の出来事で、頭が真っ白!!

よりによって、高いものがわんさか入ったバッグ。Goproやら買ったばっかのMacbookProなど…。総額60万円くらい…。

絶望とゆうか、意味が分からない(笑)

くりちゃんの財布はポケットに入れていた事と、パスポートはホテルに置いてあった事が唯一の救い。

真夜中だったから翌朝すぐに保険会社に連絡をして警察署に行ってポリスレポートという書類を作ってもらいました。盗難届みたいなもの。

 

この書類に不備があると保険金請求が出来ないと言われたので、何度も何度も間違ってないか確認して発行してもらったよ。

手数料で500円くらい支払いました。

帰国後に必要書類に、盗難にあったものの購入場所や使用期間などを記載して、領収書や保証書、ポリスレポートと一緒に郵送します。

購入時の金額は戻ってこないんだけど、使用年数や原価率で計算された保険金が支払われました。

15万円くらい戻ってくればいい方かな…って思っていたら!!!!!!!!!

↓実際の明細書↓

¥348,500も戻ってきた!!これも全てカード会社のおかげです。

こんな金額が返ってきた理由は、保険金の限度額が高かったから。

 

今まで私が入っていたような激安の任意保険の限度額はせいぜい15万円。

でも今回のカードの限度額は50万円。だから34万円も支払ってもらえたみたい。

しかも今回の旅行代金、このクレジットカードで支払っていないの。むしろ作ったばっかり。年会費がやっと引き落とされたくらい?の時期。

なのに、なんで支払われたのか!!

 

クレジットカード付帯の保険には2種類

利用付帯

 

このカードで旅行代金を支払った場合のみ、保険が使えるタイプ。

年会費が無料や、年会費安めのカードに多いサービス。

 

 

自動付帯

今回の保険は、このカードに自動付帯されていたもの旅費は別のカードで支払っているのに、このカードを持っているだけで保険が使えるの。すごすぎ。

これもくりちゃんのカードだけど、結婚しているので私も補償されます。なので今回、妻の私のカバンが盗難されても、保険が適用されました。

 

※肋骨をやった時のアメックスゴールド付帯の保険も、カード名義本人の保険は自動付帯。家族に関しては利用付帯。旅費をこのカードで支払ったから私も保険が使えました。

 

もちろん、保険金支払いには色々と条件があって、無免許運転中や飲酒運転中、本人に過失がある場合などは、当たり前だけど保証対象外です。書類の不備もね。

本当に本当にクレジットカードに助けられている日々。 年会費の高いカードとゆうのは、こうゆう時に力を発揮するんだな、と身をもって体験しました。

 

年会費無料で、海外旅行保険が自動付帯しているカードもあるよ。有名どころだとエポスカードがそう。

悪くはないけど、限度額がやっぱり低い。今回のような「携行品損害」や、万が一亡くなったときの金額なんて1/10の金額。

自動付帯とはいえこの1本だけで海外旅行に行くのは、私は少し不安かなって思う。

年に何度も旅行に行くなら保証の手厚い保険が自動付帯のクレジットカードを年会費払ってでも持つべきって思う。

 

もしくは、エポスカードみたいな無量のカード+足りない保証を、任意保険で補うか。

私は行き先によっては、自動付帯のANAワイドゴールドの保険では保証されない航空機遅延費用という保険のためだけに任意保険を追加しているよ。

航空機遅延費用とは

 

私がなんで任意保険に入ってまで、この保証にこだわるか。トラウマだから。

話せば長いんだけど、中国の海南島に旅行に行った時、帰りの乗り継ぎ便が航空会社の都合で欠航になったの。

同じ便に乗る予定だった日本人数グループと一緒に、航空会社が用意したホテル(自称3つ星ホテル)に向かいました。

そのホテルに泊まるなら、費用はかかりません。他のホテルに泊まるなら食事もすべて自費になります。とのこと。

すぐさま加入していた海外旅行保険の約款を確認すると・・・

+100円で付けれた特約を、付け忘れていたの・・・。付けていれば、

・宿泊施設の客室料

・食事代

・国際電話料等の通信費

・旅行サービスの取消料や違約料

・宿泊施設への移動に要するタクシー代や電車代等の交通費 

この費用が上限3万円まで支払われていたというのに…。そしたら1つ星、1泊2,000円以下のやべぇホテルに泊まらなくて済んだのに…。

↓(自称3つ星ホテル)

修学旅行の宿舎ですか?池が黒いです(笑)

数時間前までいた、プルマンのヴィラからのギャップが半端なかった…。

 

 

用意された食事も質素で、別に友達でもない日本人たちと同じ大きなテーブルで食べさせられるし最悪!!!

最高の旅行が、最後のトラブルで台無しになってしまったの。プルマンでは1度も見かけなかったゴ〇ブリをここでは何回も見るし(-“-)

こんなドブ見たくなかった!!!!!!!!!!

いや、そこまで言うなら自腹で別のとこ泊まればよかったじゃん…って思うでしょ?プルマンにお金かけすぎてそんな余裕なかったの・・・。

航空機遅延特約を付けていれば、こうゆう時に自分で手配したホテルで、好きな食事をとれたのに!ってゆうお話でした(笑)

 

それからというもの、海外旅行保険に入る時は航空機遅延特約のある保険会社を選ぶようにしています。

またこれがずるくて!!!だいたい基本のプランには入ってないの。+50円~200円くらいで付けられる安い特約なのに、下の方~~にち~~っちゃく書いてある。ずるい。

こうゆう、よく使うであろう特約ほど、しっかり加入することをオススメします!死ぬより圧倒的に確立高いから!

※クレジットカード付帯でこの特約が付いている海外旅行保険はかなり少ないです。

まとめ

 

数打ちゃ当たる。そう。旅行の回数が多ければトラブルに合う確率も上がる。保険の重要性をお分かりいただけましたでしょうか・・・

最初に紹介した2種類のカードは、ちょいと年会費が高い。

デルタスカイマイルゴールドカード 年会費¥26,000+税

ANAワイドゴールドカード 年会費¥14,000+税

だけど、今までカード会社に助けてもらった金額や、任意保険に加入していたらかかっていたであろう費用を考えると私は決して高い金額ではないかな。

もちろん、ゴールドカードとゆう理由で、他にもたくさんの優待が受けられるよ。

今度は個別にカードの紹介もしていくつもりなので、興味があれば見てみてね。

クレジットカード、任意保険、どちらにせよ海外旅行の際は保険加入を強くオススメします!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です