【バリ島】のんびり派にオススメのビーチクラブ 

バリの定番!ビーチクラブでchill!!

毎年バリに行くけど、有名な観光地って1回行けば十分。

ウルワツ寺院、クタビーチ、テガラランのブランコ、ゴアガジャや動物園。

多分最初に初めてバリに行く人はこのどこかしらには行くんじゃないかな?

旅行に行くとあれもこれもやりたくなって結局遊び疲れちゃうんだよね・・・。

 

私たち2人が忙しい12月を乗り切って、1年の疲れを取りにいく場所。

「何もしない」をしに行く、そんな場所をご紹介するね。

Sundays Beach Club

Sundays Beach Club

海が綺麗!と言われているバリの南側にあるビーチクラブだよ。雨季でも南側ならゴミもなく快適♪

行き方

OMNIA DayclubとMelasti beachの中間あたりにあります。

 

The Ungasan Clifftop Resortというホテルの中にあるのでそちらを目指しましょう!

クタ方面からはUluwatu Streetを南下して途中分岐するので左方向に!

ここから4kmというリゾートの看板があります。ここから、すさまじい坂道を下っていくとホテルに到着。ジェットコースターみたい!

看板に従って入っていくと左手にリゾートの入り口が見えてくるよ。

画像右側にバイクが停まっているけど、ここには停めないでね。

敷地内に入ってしばらく進むと、左手にバイクの駐車場があるよ。バイクの方はこちらへ!料金は無料!

ここがリゾートの入り口です。市街地のホテルみたいにゴミゴミしてなくていつもこんな感じ(笑)

利用方法

建物の中に入るとスタッフがいるので、ビーチクラブを利用したいと伝えてね。

こんなプールを横目に案内された階段を下りていくと、ビーチクラブ専用の受付があります。

ここで名前を言って受付します。名前はレストランのオーダーの時に必要なのでしっかり伝えましょう。

日本人の名前は難しいみたいなので「スズキ」とか「ホンダ」「ナオミ」とか言えば一発(笑)

私は「YU」なので、「Are you YOU~!?ヒャッヒャッヒャッ!!!」ってゆうくだりを何度もやってます(笑)

雨季だから天気わっる(笑)

料金

 

【入場料】

平日 大人Rp350.000(約2,700円) 子供(7~12歳)Rp150.000(約1,200円)

休日 大人Rp400.000(約3,100円) 子供(7~12歳)Rp200.000(約1,500円)

0~6歳のお子様は無料

【含まれるもの】

・往復のゴンドラ代、座席代、シャワー

・バスタオル1枚、無料のwi-fi 、カヤック、シュノーケル、SUPの無料レンタル

・入場料のうちRp200.000(約1,500円)はレストランでの飲食代として使用できるよ。

(子供はRp100.000(約780円)を飲食代として使用できます。)

 

 

クレジットカードも使えます。料金を支払うと、簡単な荷物検査があってお水以外の食べ物や飲み物は預けなくてはいけません。

ダメもとでドローンを持っていったけどダメでした。帰る時まで丁寧に保管してくれたよ!

ここでバスタオルを借りて、奥に進むとゴンドラ乗り場があります。

名前の通りクリフトップにあるリゾートなので、このゴンドラでビーチまで降りていくよ!

 

5人くらいしか乗れない小さなゴンドラで物凄い傾斜を下りていきます!

急だけどスピードは出ないのでご安心を! これ、停電したらどうなるんだろ(笑)

下から見上げるとこんな感じ!すごい急だよね!!

ゴンドラを下りてさらに階段を下ると

 

天国出現。なんてオシャレなビーチクラブ!!!超可愛い!!!

座席

入ったら真っ先にビーチベッドを確保しに行きましょう!!ここは朝から争奪戦です。早い者勝ちなので好きな場所を急いでゲットしよう!

このビーチクラブのいいところは、全ての座席が無料なこと!!

FINNSやWooBarはソファ借りるのすごい高いけど、ここは入場料かかる分、座席は無料なのでオススメ。

私のオススメは入って左側、レストランやシャワーも通り抜けた一番奥にあるベッドです。

ベッドの前は海なので、景色も抜群!パラソルもテーブルもあるからストレスなく長時間過ごせるよ。

メニュー

入場料料の中に含まれている約1,500円を飲食代として利用できるよ。

1.500円を超えてしまった差額と税金だけ支払うシステムです。

会計は伝票に付けてくれるのでお財布を持ち歩くことなく注文ができます。注文の際に入場の時に伝えた名前を言いましょう!

【フードメニュー】

]

【ドリンクメニュー】

メニューの金額は全てPRICE PER THOUSAND IDRといい、書いてある数字に000を足すとルピア表記のお値段になります。

ワルンやスーパーではRp50.000のような書き方が多いけど、バーやレストランでは50kとか100kって書いているところが多いです。

0を3つ足す、を覚えておいてね~!

ピザ大好きくりちゃんはいっつもこれ(笑)私はパンやピザよりお米派なので、ビーチクラブではだいたいナシゴレン食べてます。

Rp160.000のマルゲリータ、Rp180.000のシーフードナシゴレン、Rp85.000のミルクシェイク、Rp60.000のビンタン×4。

この日はこんな感じのオーダーでした。合計Rp665.000×tax21%=約Rp804.000。

そこからチケットに含まれるRp200.000分の飲食代、2名分を引くと、Rp400.000ほど。

日本円で約3,000円の不足分を支払いました。チケット2名分と合わせてもこの日の支払いは9,000円弱!!!!

安すぎるーーーー!

バリではすごく高級だと思うよ?でも日本でこんなオサレな海の家で飲んで食ってベッド使ったら…9,000円では足りないもーん!

まとめ

このビーチクラブは、朝9時から夜10時までやっています。

いい席を確保したければ平日なら9時~10時くらいに到着すれば大丈夫。

午後に向かう人は、席が空いてればって感じ。

私はいつも朝早く行くので夜までいたことはないんだけど、サンセットタイムから始まる焚火がとてもいいみたい!

火を囲って飲むお酒!想像しただけでも最高だよねー!

この一帯のビーチは本当に綺麗なの!!

初めてここに来た時に、バリにもこんな綺麗な海があったんだ…って感動したんだぁ。

【バリ島】行ったことない人に読んでほしい。私の『バリが大好きな理由♡』

ここにも少し書いたけど、雨季(11~3月)の西側の海はすごく汚れているの。

西からの風で流されてきたとてつもない量のゴミでビーチが埋め尽くされるの・・・。

私は毎年12月にバリにいくので、どうしても雨季と重なってしまいます。それでも南側の海は別物!

その日の波や風、天気によって、入る海を選べるのもバリの魅力の1つ。ただ波が高くて、綺麗だけど怖くて入っていけない(笑)

 

1年間頑張った疲れを取りに、必ずここにきて、ボケーっと海を眺めてビールを飲むのが大好き!

日本人もほとんど見かけないからとてもリラックスできるオススメの場所だよ!

いってみてね~!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です